目隠しフェンス 基礎

 

単独ページで見る(別ウィンドウ)

フェンスの柱を固定する基礎には、次の3つの方法があります。① 基礎ブロックを使う。②地面に穴を掘ってコンクリートで固定。③ 地耐力で支える。

 

地面に穴を掘ってコンクリート(セメント・砂・バラスを混ぜた もの)で固定

地面に穴を掘って、コンクリートを流し固定します。納まりの見栄 えは基礎ブロックに比べ劣りますが、隣地境界ぎりぎりに設置する ことができ、高さ調整が簡単なため、一般の方にはやり易いです。

 

基礎ブロック

コンクリートのブロックに穴のあいた既製品です。重機を使う場合 は簡単に設置ができ、地面から出ている部分の納まりがきれいなの で、プロの業者はよく使います。しかし隣地境界ぎりぎりにフェン スを設置する場合は使うことができません。また、重く、底にバラ スを敷いてブロックの安定させるため、一般の方には扱いにくいと ころがあります。

 

地耐力で支える

柱の上下に土圧を受ける板を取り付けて立てる昔からある方法で す。地面の状態に影響されるので、どの程度の高さまで、この方法 が使えるかが現場状況により変わります。しかしコンクリートを使 わないので、本来のDIY向けの方法です。

 

 

基礎ブロックとは

コンクリートのブロックに穴のあいた既製品で、ホームセンターで 販売しています。(180ミリ×180ミリ×450ミリの既製品で800~ 1000円程度)  隣地境界ぎりぎりにフェンスを設置する場合は使う ことができないので、基礎ブロックを使うかどうかは、ケースバイ ケースでお考え下さい。

セメント・砂・バラス(砕石)・モルタル・コンクリート

セメントはホームセンターで400円/25kgぐらいで販売されていま す。また、砂とバラス(砕石)は300円/25kgぐらいです。これをセメ ント1に対して、砂とバラス(砕石)はそれぞれ3の比率で混ぜ合わせ て(1:3:3の比率)、コンクリートを作ります。土木工事や建築工事 の場合は、また異なる配合比率ですが、DIYの場合はこの程度の比 率が使いやすい比率です。

例えば200mm×200mmで深さ450mmの穴をあけて、そこにコンクリー トを流し込んだ場合、コンクリートは約40kg必要ですが(穴に凸凹 がありますので実際にはもう少し必要です)、ここで、セメント 25kgを1袋と砂25kgとバラス(砕石)25kgをそれぞれ3袋購入し、それ に水を加えてコンクリートを作ると200kgのコンクリートができま す。すると、基礎が4~5つ分できあがると言うことになります。
この時の材料費の合計は2200円ですので、1つの基礎あたり440~ 550円と言うことになります。これを市販の基礎ブロックでする場 合は、基礎ブロックの費用が800~1000円としても、その中に入れ るモルタル(セメントと砂を1:3で混ぜ合わせたもの)の費用もかか りますので、 DIYで基礎を作る場合は、地面を堀った穴に直接コン クリートを流し込んだ方が楽で安いと言うことが言えます。